葉酸は、妊娠を安定させる働きや、産後の抜け毛を予防するなど、妊娠前~授乳期まで幅広く活躍してくれるビタミンです。
葉酸は、水溶性ビタミンに分類されるビタミンB群の一種で、葉物野菜に多く含まれています。

葉酸は、DNAの合成に必要なビタミンとしての働きだけではありません。血液中に含まれているホモシステインという動脈硬化などを引き起こすアミノ酸を減らします。
葉酸と、ビタミンB6とビタミンB12を一緒に摂取すると、ホモシステインを分解してメチオニン変えることができます。

葉酸は更に、造血作用の働きもありますので、貧血になりやすい妊娠中に必要なビタミンなのです。葉酸は、加熱や酸化に弱いため、普段の食事から効率よく摂取することが難しい栄養です。
妊娠中にしっかり葉酸を摂取したい場合は、サプリメントから摂取するのが一番です。葉酸は、吸収率の高いモノグルタミン酸型を選びましょう。

葉酸サプリを選ぶ時のポイントは

葉酸サプリを選ぶ時に最も重視するポイントが安全性と言えます。
妊娠中、妊活中に摂取するモノなので胎児の事を考えて選ぶことが大切です。
だから無添加なモノ、品質が確かなモノを選ぶ為に配合成分や原料をしっかりとチェックした上で商品を厳選して下さい。

さらに葉酸は妊娠初期に最も必要な栄養素なので妊活中から摂取することをお勧めします。
そして妊娠中は勿論授乳中も摂取することで母乳の出が良くなるのでその事を考慮すると、スムーズに妊娠した場合でもも1年以上継続して摂取することになります。

なかなか妊娠せずに妊活期間が長くなれば当然継続期間も長くなるのでコスパがいいモノ、購入しやすい価格帯のモノを選んで下さい。
さらにつわりのキツイ時期も飲むことを考慮して出来るだけ粒が小さいモノがいいと言えます。
葉酸の含有量はどれも1日の摂取目安を参考に製造されているので同じくらいだから、その他の配合成分を比較して選ぶといいでしょう。

葉酸サプリメントの飲み方・保管方法

葉酸サプリは医薬品と違って飲み方に決まりはありませんが、上手に摂取するポイントがあります。

葉酸は水溶性ビタミンなので、一度に大量に摂取をしても排泄されてしまいます。1日に何度かに分けて摂取をすると、体がしっかりと吸収しやすくなります。
1日数粒飲むタイプなら、朝・昼・夜など分けて飲むとよいでしょう。牛乳やコーヒーなどと一緒ではなく、水で飲んでください。

サプリメントにも品質保持期限があります。開封後は劣化が進むので、1か月以内に飲み切ることが望ましいです。
保管方法にも注意をしてください。葉酸は光に弱く、直射日光が当たるような場所に保管をしていると、葉酸の量が減少する可能性があり、直射日光を避けて冷暗所で保管をしましょう。

しかし、冷蔵庫で保管をする必要はありません。冷蔵庫で保管をすると、出し入れの際に結露をするので、常温で保管をしてください。

投稿日:

Copyright© 葉酸サプリメントの驚きの効果と体験談 , 2017 All Rights Reserved.